時効の援用ってなに?【基礎知識を大公開☆】

借金返済前にcheck☆

金融機関から借りていた借金を長期間返済していないと時効を迎えます。ですが、借金の時効を迎えたからといってそのままにしていても意味がありません。確実に借金の返済義務を無くしたいなら、専門家に時効の援用を依頼するのがお勧めです。

時効の援用はすべき?しなくてもいい?

するべき

時効の援用を行なう最大のメリットは借金の返済義務がなくなるという点です。債務整理などを行なう手間をかけなくても良いので手軽に利用できるでしょう。

しなくてもいい

時効の援用をしないで返済していくメリットは、過払い金調査が行なえるという点です。返済中に過払い金調査を行なえば、場合によっては返済額が減額できますよ。また、時効の援用手続きを行なっている最中に裁判を起こされたり所有物の差し押さえをされる可能性が低いです。

時効の援用ってなに?【基礎知識を大公開☆】

ジャッジガベル

誰に相談すればいいのか

実際に時効の援用を検討していても誰に相談したらよいのか分からないこともあるでしょう。そんな時には弁護士に相談しましょう。弁護士は借金の額に関係無く対応してくれます。また、手続き有無を調査してくれたり金融機関とのやり取りを対応してくれたりしますよ。対応してくれる弁護士によって費用が異なるので、事前に見積もりをして料金を確認しておきましょう。

男性

こんな手段もある

借金の時効までまだまだ時間があるなら、債務整理や過払い金調査を実施すると良いですよ。もし過払い金請求が行なえたなら、返済額が少なくなります。また、債務整理を低価格で対応してくれる弁護士は全国に沢山います。そういった人たちに相談することで借金返済の為に必要なお金を少しでも減らせますよ。

ジャッジガベル

注意点を知っておこう

金融機関からお金を借りている人の中には、わざと借金の時効を待つ人もいます。しかし、時効は中断される場合があるので注意が必要です。基本的に借金返済の時効は5年か10年です。もし、借金を返済していない状態で3年が経過していても中断されてしまうと、また5年か10年待たないといけません。その間に金融会社から催促や裁判などのアクションがあることもあるでしょう。そんな事態になるのがイヤなら、債務整理などを行なって借金額を減らすのも良いですよ。

一度相談すべし!

借金に悩まされているなら一度専門家に相談するのが最適です。プロが利用者の生活スタイルに合った解決策を提示してくれますよ。また、時効の援用を行ないたいなら、一度弁護士に時効調査を依頼すると良いでしょう。

広告募集中